(日本版プレス記事参考例)法人向けデジタルプリペイド流通プラットフォーム世界最大手 米ifeelgoods社と提携

(日本版プレス記事参考例)法人向けデジタルプリペイド流通プラットフォーム世界最大手 米ifeelgoods社と提携

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、急速に拡大するプリペイド市場への取り組み強化を狙い、世界30か国で1,000キャンペーン以上の展開実績を持つ、法人向けデジタルプリペイド流通プラットフォームの開発・運営者ifeelgoods社(アイフィールグッズ社、本社:米カリフォルニア州、Co-founder, CEO :Michael Amar、以下「ifeelgoods」)と業務提携し、2015年6月中旬より本格的に日本市場への展開を開始します。

伊藤忠商事は、事業会社での取り組みを含め、これまでマイクロソフト社のSkypeクレジット用利用番号の発行・発売や、各種プリペイドカードの流通、コンビニ店舗に設置されている情報端末を通したエンドユーザーへのプリペイド販売など、年間5,000億円超と言われている個人向けプリペイド市場において様々な事業を展開してきました。

今回ifeelgoods社との業務提携により、同社プラットフォームの特長である「安全・簡単・スピーディー」に、デジタルプリペイドの在庫管理から、キャンペーン企画の立案支援、キャンペーンサイト構築・運用、エンドユーザーへの配布まで、まとめて一元管理することが可能となります。デジタルプリペイドは、メーカーやサービス提供者の販売促進、ポイント・マイレージの交換対象、従業員向けインセンティブ、或いはコールセンターでの顧客対応への謝礼などでの利用が見込まれ、販売促進市場は広告市場と同規模の6兆円強、またポイント・マイレージの年間発行総額は9,000億円を超える規模にまで拡大しています。

伊藤忠商事は、ifeelgoods社と共に、2015年度中に日本国内だけでなく、アジア諸国に事業エリアを拡大する方針です。また、3年以内に取扱高年間1,000億円以上を目指し、アジア圏におけるデジタルプリペイド市場の拡大に貢献してまいります。

 

■ifeelgoods, Inc.社の概要情報

設立 2010年
CEO Michael AMAR
本社 Palo Alto, CA
資本金 $13Million
株主 Idinvest Partners , Quest Venture Partners, Tugboat Ventures他
事業内容 デジタルギフトカード流通プラットフォーム
顧客 主要300ブランド以上(GAP, L’Oreal, Samsung, Nestle, Coca Cola等)